So-net無料ブログ作成

公明党、比例で候補者名の投票呼びかけへ方針転換(読売新聞)

 公明党は28日の中央幹事会で、今年夏の参院比例選で原則として党名での投票を呼びかける方針を撤回し、従来通り地域ごとに割り振った「重点候補」の名前での投票を認めることを決めた。

 地方組織の強い要望を受け、方針を転換した。

 井上幹事長が中央幹事会で「これまで『公明党』を前面に立ててきたが、各地域から重点候補を決めてほしいとの要望があり、検討を始めたい」と報告し、了承された。

 参院比例選は非拘束名簿式で行われており、党名、候補者名いずれでも投票できる。公明党は過去3回の参院選で候補者名での投票を呼びかけてきたが、今回は擁立が遅れたことなどから、党名投票を呼びかける方針を決めた。

 しかし、保守層を取り込むためには、候補者名による投票の方が有利だとして、九州地区が昨年末から地元出身の新人候補の名前での投票を呼びかける方針で活動を開始するなど、党内から反発が出ていた。

<ボンバルディア機>またトラブルで伊丹空港に引き返す(毎日新聞)
マンション8階から転落=4歳女児、軽傷−東京・国分寺(時事通信)
替え玉殺人判決 尹被告「全部うそでしょ」 遺族「真実を」願いかなわず(産経新聞)
JR五日市線で人身事故、1900人に影響(読売新聞)
「リーク」調査報告は捜査終結後 民主・高嶋氏(産経新聞)


2010-02-02 02:02  nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証: 下の画像に表示されている文字を入力してください。

 

このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。