So-net無料ブログ作成
検索選択

北教組違法献金、小林陣営幹部が罪状認める(読売新聞)

 北海道教職員組合(北教組)が民主党の小林千代美衆院議員(41)(北海道5区)陣営に、1600万円の違法な政治資金を提供したとされる事件で、政治資金規正法違反(企業・団体献金の禁止)で起訴された「小林ちよみ合同選挙対策委員会」の資金管理統括で、自治労北海道財政局長木村美智留被告(46)の初公判が18日午後、札幌地裁(辻川靖夫裁判長)で始まった。

 木村被告は罪状認否で「間違いありません」と起訴事実を全面的に認めた。

 19日からは、北教組委員長代理で、小林氏陣営の選対委員長だった長田秀樹被告(50)(同法違反で起訴)と北教組の公判が始まり、小林氏陣営を支えた不透明な「労組マネー」の解明が焦点となる。

 関係者によると、木村、長田両被告は逮捕後、黙秘を続けたが、起訴後は一転、「証拠は固められている」として、起訴事実を認めることにしたという。

 小林氏陣営では、選対委員長代行で元連合札幌会長の山本広和被告(61)が公職選挙法違反(買収の約束、事前運動)に問われ、懲役2年、執行猶予5年の有罪判決を受けた。現在控訴中で、6月1日に判決が言い渡される。禁固以上の刑が確定し、連座制が適用されれば、小林氏は議員を失職する。

 小林氏は木村、長田両被告の起訴後の記者会見で、離党や議員辞職を否定。以降、事件に関する取材を避けている。

 起訴状などでは、小林氏陣営は2008年9月、「合同選対事務所」を開設したが、解散総選挙が遠のいたことで陣営資金が逼迫(ひっぱく)。木村被告は同年12月〜昨年7月、同選対委員会が政党や政治資金団体ではないのに、選対委員長だった北教組委員長(昨年6月に急死)から3回にわたって計1200万円、委員長の死後には長田被告から400万円を、衆院選準備の政治資金として受け取ったとされる。

B型肝炎訴訟 救済へ、やっと一歩 和解協議入り(毎日新聞)
林葉直子さん、15年ぶり将棋復帰(スポーツ報知)
キトラ「朱雀」あすから初公開 四神が初そろい踏み(産経新聞)
新規国債発行額上回らないよう歳出削減−民主マニフェスト企画委(医療介護CBニュース)
「母の日のプレゼント代に」遊戯王カード盗む(読売新聞)


2010-05-20 17:45  nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 1

Krキムヒロ

コレ、エロかったら誰でも出来るんちゃう?(笑)
http://sPeCOVer.Com/kx/is8zery
俺は休日だけやって、毎月30万は楽勝でサポってもらってるよ
by Krキムヒロ (2010-05-27 01:22) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証: 下の画像に表示されている文字を入力してください。

 

このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。